AtCoder Beginner Contest 019

B - 高橋くんと文字列圧縮


Time limit時間制限 : 2sec / Memory limitメモリ制限 : 256MB

問題文

高橋くんはある文字列 s を持っています。文字列を短く表現することに興味のある高橋くんは、以下の圧縮方法を試してみることにしました。

  1. 文字列 s を同じ文字が連続する文字列に分割します。(分割)
  2. 分割された各文字列を、文字と、その文字が連続する長さをつなげた新たな文字列に変換します。(変換)
  3. 最後に、変換した各文字列を前から順に結合します。(結合)

aabbbaad という文字列に上記の圧縮方法を適用すると

  1. aabbbaadaa bbb aa d に分割
  2. aa bbb aa d を、それぞれ a2 b3 a2 d1 に変換
  3. a2 b3 a2 d1a2b3a2d1 と結合

以上より、a2b3a2d1 を得ることができます。

あなたには文字列 s が与えられるので、上記の方法で圧縮された文字列を求めるプログラムを、高橋くんの代わりに書いてください。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

s
  • 圧縮する文字列 s (1 ≦ |s| ≦ 1,000) が与えられる( |s| は文字列 s の長さを表す)。
  • s は英小文字から成る文字列であることが保証される。

出力

s から作られた圧縮された文字列を標準出力に出力せよ。

末尾の改行を忘れないこと。


入力例1

aabbbaad

出力例1

a2b3a2d1

問題文中の例です。


入力例2

aabbbbbbbbbbbbxyza

出力例2

a2b12x1y1z1a1

長さは10進表記です。


入力例3

edcba

出力例2

e1d1c1b1a1

圧縮された結果、元の文字列より長くなることもあります。


Submit提出する